ピエールです★





あのLINE(ライン)

ついに送信取り消し機能

実装される亊になりましたね~





一度送ってしまうと

もうどうにも手が付けられなかった

これまでの誤爆。

私含め多くの方が

苦い経験された亊あると思います。



この機能を待っていた人は多いハズ…

むしろ何故今まで入れてくれなかった…ッ!笑



12月13日更新実装 追記あり






送信取消はいつから?





株式会社LINEは

11月16日に送信取消が

ラインに実装されることを発表しました。





それによると開始されるのは

12月以降との亊

日にちはハッキリとは公表されていないのですが、





同社が11月に行った

アンケートでもユーザー約8,000人中

8割以上人が誤爆経験有りと回答されていますし



切ない思いをする人を

もうコレ以上増やさない為にも、

早めに開始して欲しいものですよね~。





…とは言え

実装決定するまでは思っていましたが

いざ本当に取り消しが出来るとなると

それはそれで寂しいものな気がくるのだから

人間分からないものです。





2011年6月にLINEが開始されて

約6年以上。



望んでいる声は元々多かったこの取り消し機能。

LINE公式が誤爆を起こしてでも

スルーされてきたのに…w





誤爆削除の方法や条件は?

誤って送信した内容を

削除するのは、

24時間以内であれば可能。





で、ひとつ気になるのは

既読がついている物に関しては

削除出来るのか??

という点なのですが、



公式によれば

12月に機能が実装された時点で

詳細に関しては発表となっており

こちらは現段階では未定です。





が、おそらく

既読が付いた物でも削除は可能でしょう。



何故って…、

その方が面白いから!!!w





既読されたけど

読んでないよね?!

的などきどきが味わえたり



あえて変な内容を送って

相手が読んだかを確認して削除したり…

性格悪いんでしょうかね私。w





まあそれは半分冗談ですが

24時間以内という亊なので

普通に考えたらそんなに長く

既読が付かないって亊も珍しいですしね。

(異性に嫌われたケースを除いて。血涙)





ラインは公式でも

多く使われているツールなので、

その点で考えても既読未読は関係なく

削除出来るのではないかなーと。



今後のラインの使い方はどうなる

これまで

若い世代の一部からは

既読付くと返事が面倒くさいので

そもそも開かない、

グループチャットが意味ない・面倒

などとも言われていたラインですが





個人と公式とを

見事な距離感で結びつけてくれる

唯一のツールになっていると感じます。







今後は手軽に使える

イメージを更に浸透させつつ

今後は更に生活のあらゆる面での

必需アプリとなっていくんでしょうね。





今回の機能変更実装は

今後のラインの立ち位置の確立の為の

新しい戦略の様にも感じます。





将来的には他にも、

例えば

既読されたメッセージは削除できない…とか

新機能がついてきたりしたら面白いかなと思いますね^^



#LINE誤爆 紹介

続いて

過去のライン誤爆の中から

面白い物をこちらでもいくつか

掲載させて頂きます★





送信取消機能がついたら

もうこれらの世界とは

出逢えなくなるんですね…

やっぱり少し切ないなあ(年かなあ)







まとめ

LINE(ライン)

送信取消機能実装について

書かせて頂きましたー。





いろんな亊が変わる世の中ですが

今後はラインの送信取消が

普通になって何が変わるか…

そんな亊を思い考えるのも楽しいですね。





誤爆が大幅に減るであろう前に

皆で敢えての誤爆を楽しむというのも

ありかもw





ではでは、

最後までお読み頂き

ありがとうございました。



あでゅー

おまけ

LINE公式Youtubeより

おじいちゃんやおばあちゃん

ラインを活用されている動画もご紹介。



ホント若い世代から年配の方まで

皆が楽しく使えるイイツールですよねー♬

追記分

今日から送信取消機能が

実装
されましたね(^^ゞ


1対1やグループでも

また既読でも削除は可能とのこと。


これからまた

新しいLINEの可能性が見えてきて

今後もますます楽しみです♪


下記LINE公式ブログから

詳細とアップデートも出来るので

良ければご確認ください。


ではでは、あでゅー★


LINE公式ブログ
LINE誤爆はあわてず対処!「送信取消機能」が公開されました。