こんにちは、ピエールです☆彡



最近外で遊んでますか

私は遊んでませんよ!

むしろ引きこもり気味ですよ?!



そんな貴方や私にご紹介したい物があります☆w



それがこちら!!

先日フィッシャーズが紹介していた



ジェンズ!(羽根蹴り)です☆

チェンズとも呼ばれているこの玩具。

発祥の地、中国での歴史が古く

小学校の体育にも取り入れられたことがあるんだとか。



構造は

穴あきの銅銭に布や革を巻きつけて

それに鶏やアヒルの羽根をくっつけます。



大きさは約10~15cm程のサイズで

重さは約20~25g程。



バトミントンの羽根よりに似ているけど

しっかりした重量があります。



ジェンズを蹴り合うスポーツは

毽球(ジェンチウ)と呼ばれ、なんと

世界選手権まで行われているというから驚きですよね~

Sponsored Links
Sponsored Links

遊び方は?

さてそんなジェンズですが

フィッシャーズの遊び方は正しいのか?

あれが毽球(ジェンチウ)なのか??



というのも、

10回続けなければかえれまてんをしてたものの

全然蹴れてないので…w



本当にあんな感じなのかな??

そもそも遊びになるのか?と思ったんですよね。





なので、ちょっと本家の

中国の方々の遊び方を探してみたのですが…

(45秒の動画です)

おお…。スゴイww

特に右端のおじいちゃん。

身体柔らかすぎでしょ!!(^_^;)



いや、それはとりあえず置いて。

遊び方としては、間違ってないのですねw

良かったです☆





ジェンズは主に足の筋肉を使う

必然的に全身の筋肉を使うことになるんだそう。



中国だと太極拳と同じように

一般的な健康法のひとつとしても

取り入れられているんです。





なるほど、中国や韓国の人達が

みょ~に元気なのは、

こうしたことをしてるのもあるのかもですね~



日本人ももっと足を使わなければかもです(*´・ω・)

種類は?

で、このジェンズですが、

どんな種類があるのか??



確認したところ、

鶏の羽根バージョン

アヒルの羽根バージョン

やはり一般的です。



どれも価格は数百円くらいの物なので

気軽に購入して遊べそうですね。



Amazonや楽天で売られていたのは

ほぼほぼ鶏でしたが、

中国だと普通に露店でアヒルのも売られているみたいです。



日本ではアヒルがちょっと見当たりませんでしたが…





ただ、ちょっと探してみたところ

ガチョウの羽根バージョンはありました☆

これは重さが15gとのことで軽めです。

その分難しいのかもですが…でも手触りは良さそうですね~

Sponsored Links
Sponsored Links

本家の凄技!

せっかくなので

本家中国のプロの技も探してみました。

(1:49の動画です)

ジェンズを使ってパフォーマンスすることを

踢毽(ティージェン)、と言います。



動画の丁俊義さんは世界的に有名なティージェンの先生で

その技はまさに神業。



羽根が舞っているみたいですよね~…ホント凄いです(*^^*)

まとめ

ジェンズの遊び方や種類などについて

書かせて頂きました。



思ったのが、

他に道具が無くても狭い所でも

気軽に運動が出来る、優れた玩具だな~ということ。





中国では、昼休み公園で

ジェンズをしている風景は日常なんだそうです。



日本でもこれから流行るかもですね~!

てかそれくらい皆が人の目を気にしなくなれば

日本人ももっと強い人が増えるかもですねw

おまけ

毽球(ジェンチウ)の世界選手権の動画です。

は…激しすぎる…そして基本スマッシュされたら返ってこない…w

最後までご覧いただき、ありがとうございました!m(_ _)m