ピエールです★



皆さん、
冷凍ワニ
というのをご存知でしょうか?


先日アメリカ
ノースカロライナ州
オーシャン・アイル・ビーチの
野生動物公園
「シャーロット・リバー・スワンプ・パーク」
にて確認された、氷の中のワニさんの亊です。







最初は
なんだこれ?!
って思いましたが
厳しい冬を乗り越える為に
冬眠しているワニさん
なんですよね~(^^)



いやー最初に
冷凍ワニってフレーズ聞いた時は
新しい食品かい、なんて
ちょっと思っちゃいましたよw
(何とかハム的な)

Sponsored Links
Sponsored Links


冷凍ワニ!




この冷凍ワニは
同動物公園のスタッフが発見して
SNSに投稿して話題になりました。



発見した
ジョージ・ハワードさんは
最初は木の枝かと勘違いしたそう。
確かに、パッと見これ何か理解出来ないですよねw



外気より暖かい
池の中に入る亊で

体温や代謝の調節をして
エネルギー消費を抑えて
冬を乗り切るワニ流サバイバルテクニック
凄いです(^o^)♪



ちなみに
鼻が出ているので
呼吸は問題ない
との亊。



また、
この状態のワニさんを触ったら
どうなるのか??
という質問には



「少なくとも今の間は動かない」
「冬眠状態ににた状態にあるので、
 おそらく反応しないのではないか」




と、
解凍…もとい、回答されたんだそう。
って何とも曖昧な…w



なんて思ってたら
触っている動画もありましたよww







いや~
中々勇気ある行動ですよね。
さすが専門家です。><


そして
目をつぶっている
ワニさんかわいい
って言うねw




それとワニは
通常は洞穴の様なところに入って
カマクラな感じで冬を越すのだそうです。



2009年の
BBSの公式動画で
紹介されていますが
なかなか神秘的な感じでした。







それと、
ワニの様に
爬虫類に対しては
「冬眠」ではなく「休眠」というのが
正確なのだとの亊。


ワニは冬眠する? いいえ、ワニなど爬虫類や魚類は、正確には冬眠ではなく休眠と言います。英語では、哺乳類の冬眠のことを「Hibernation」といい、爬虫類の冬の休眠は「Brumation」といい、区別されています。変温動物である彼らは、冬の間は土の中などで休眠をします。

哺乳類は体温を一定に保てる恒温動物なので、爬虫類の休眠とを区別しているんです。



なるほどですねー。


確かに
鼻だけ出してここまで
無防備で眠るっていうのは、
圧倒的強者だからこそ出来ることですよね。


あ?
ちょっと休んでるだけだけど、何か?
とか
言われちゃいそうですw



また
論文の一説によると
白亜紀末にワニ・恐竜がいたにも関わらず
ワニだけが生き残ってきたのは



水に逃げ込んで
隕石衝突直後の爆風・高温から逃れ、
植物激減で餌不足でも水中の腐肉などを食べていた為…


と、
言われているのが有力な説らしいです。



僕達人間が生まれる
遥か以前から生き残ってきたワニさん達。


それを思うと
この生存本能の強さやたくましさ
もっとリスペクトしなきゃいけないなー
なんて、感じてしまいました。(^^)

冷凍ワニへの皆の感想など


Sponsored Links
Sponsored Links


まとめ




冷凍ワニで話題の
ワニさんの生態についてなど
書かせて頂きました!



ワニさん達からすれば
本能的な
この冬眠(休眠)の行動が


人間の間で
こんなに盛り上がるなんて
逆にビックリかもですね。


でもほんとに
この絵面かわいいんだよな~
その内
何かの商品とかに
なりそうなレベル
だと思いましたよw



ではでは、
最後までご覧頂き
ありがとうございます(^^)

良ければ
コメントとか頂けると嬉しいです★

おまけ

お母さんワニが生まれたばかりの
子供を守る姿を撮影された動画
です。

ちょっと…普通に感動しました。。泣
(1:48の動画です)