ピエールです★



音楽家(作曲&ピアニスト)
原摩利彦(はらまりひこ)さん
ご存知でしょうか。


作曲だけにとどまらず
舞台やショーの音楽制作、など
日本のみならず海外でも活躍している方です。






原さんは
情熱大陸でも紹介されたりと
とても素晴らしいアーティストの方なのですが、
一体、どんな方なのでしょう??


気になったので、
今回彼の経歴やプロフィールなど
ちょっと調べてまとめてみました♪


気になっている方に
何かの参考になれば、幸いです。(^^ゞ

Sponsored Links
Sponsored Links


原摩利彦さん





原さんは1983年生まれ、
京都府出身(在住)。


ちなみに
出身は京都ですが
小学6年生の途中までは大阪に住まれていました。



ただ、原さんは
生誕の地である京都を愛しており
今後も京都に住みたいと
話されていました。


その理由が
またアーティスティックで、
自分の位置がわかりやすいから…との亊。



自分が
だいたいどの位置にいるのかを
把握する亊で安心感を得られる

というのが、
生活する上で大事なことなのだと
言われています。



また、原さんは
幼い頃から音楽に触れており
ピアノ教室にも通っていましたが
なんと当時は劣等生だったんだそう。


個人レッスンも受けたものの
ピアノの下に隠れてしまうくらいで
10歳の時に一度挫折してしまいます。


ですが
中学1年生の時、
坂本龍一さんのコンサートで
和音に強く興味を持った
彼は
この時から 作曲家を志しはじめました。


中一のときに大阪のフェスティバルホールで観た坂本龍一さんのトリオのコンサートなんです。アルバム『1996』のツアーのひとつで、ジャキス・モレレンバウムとエバートン・ネルソンが共演していました。知人から『チケットあるけど行かない?』と言われて、なにもわからなかったんですけど連れて行ってもらいました。それで、聴いたら『かっこいいなぁ』と思いまして。



そして
再度の個人レッスンと、
中学生にして作曲をスタート。


高校まで続け技術などを磨き、
京都大学教育学部(生涯教育学)に進学。

大学からはMacを購入してDTMを始め
現在の彼のスタイルの元になっていきます。



大学は
東京の音大ではなく
地元京都の大学に進まれた原さん。


教育学部で
人はいくつ年を重ねても学び続けるべき、
大人になっても
新しいチャレンジをしていく亊に
違和感を覚えない考え方を身に着けた
とも、話されています。



自分で道を決めて
進んでいく亊で
どんなトコロでも関係なく夢は叶う

…というのを、
まさに体現されている方なんです。
(^^)

音楽への想いが熱い





原さんは
これまでに数々のアーティストと組み
素敵な音楽を
世に送り出されています。


下記に一部代表的な物を
あげさせて頂くと、


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・坂本龍一さんとの即興セッション

・振付家・ダンサーのダミアン・ジャレ&
 彫刻家・名和晃平による舞踊作品『VESSEL』の音楽

・京都を中心に活動するアーティスト集団
 ダムタイプ高谷史郎プロジェクトメンバー

・NODA・MAP『足跡姫』の舞台音楽

・写真家ホンマタカシの
 『最初にカケスがやってくる』インスタレーション

・歌舞伎『男の花道』編曲

・パリコレクションショー音楽


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


…などなど。

音楽の作曲・編曲や演奏、
パリコレや舞台での音楽、
インスタレーション
(オブジェなどでの総合空間芸術)
と、本当に様々な方面で活躍されています。



ちなみに
彼のモットーは

『音楽は開かれたものとして
 多くの人に届けたい』
というもの。



自分の音楽を
一部の人だけでなく、
出来るだけ沢山の方に届けていきたい…


きっと
原さんのそんな熱い想いが
彼の行動の原点、そしてそれが
現実に形となっているのでしょうね。


ある政治的な集まりで「コンサートをしてほしい」と依頼され、断ったことがあるんです。その理由として現在のあまり知名度もない状態で、そういった社会性が強い活動はできるだけ避けたいということと、そこで自分が演奏するということに、意味があるのかということを考えたからなんです。



また原さんは
インタビューでこの様な話もされています。



自分の音楽や
活動の意味をしっかり考え、
一時の利益だけで行動しない…


この信念こそが
彼の音楽を多くの人が感動するもの
にしている最大の要因の様に思います。



凡人な私には
これって分かってるつもりでも
中々出来ないんですよねホント。。苦笑

SNSも紹介

続いて
原さんの公式サイトと
TwitterやFacebookに関して

合わせてご紹介させて頂きます。


公式サイトでは
原さんの数々の音楽を
動画と共に体感
出来ます。

またTwitter・Facebookでは
最新情報などを確認出来ました。



TwitterとFacebookページは
見たところほぼ同じ内容
でしたので
お使いのSNSの方でチェックがオススメですv


原摩利彦さん
公式サイト

Twitter

Facebookページ

Sponsored Links
Sponsored Links


まとめ





作曲家でありピアニストでもある
音楽家・原摩利彦さんについて書かせて頂きました。



素敵な音というのは才能だけではなく
その方の人間性やアーティスト性によって
生み出される物なのかも、と
原さんについて調べて改めて感じました。


今後も彼の素敵な曲に
沢山の場所で出逢いたいものですね^^♬



それでは、
最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

あでゅー★

おまけ

原さんの音楽から
オススメをおひとつ
どうぞ♪


静寂には癒しや優しさだけでなく
ある程度の強さも必要
と言われている原さん。


確かに、彼の音楽は
安らぎと共に活力やヤル気を与えてくれる様な…
そんな音楽だと感じました(^^)
(2:49の動画です)