ピエールでーす★





コーチ(COACH)

タペストリー(tapestry)

社名を変更する亊になりましたね。





長年親しまれてきた

ブランドの会社名変更には

驚きと戸惑いの声が多数。





「社名変更の提案者はクビにすべき」

などという

過激な声もある様です。





私もCOACH結構好きなんで

tapestryはちょっと無いかな~



と、最初は思ったんですが、

どうなるんでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

社名変更の理由は?





tapestryへの社名変更の理由は

業務の多角化と経営戦略の変更にあります。




COACHは

靴ブランドのスチュアート・ワイツマン

服飾ブランドのケイト・スペード

それぞれ2015年と2017年に買収。





カバンだけでなく

靴や洋服なども一緒に扱う

高級ブランドに心機一転する

タイミングを図っていたのですね。

この価格帯を狙う他ブランドとの競争激化で

成長力が落ちてきたことを受け近年は事業再編を活発化。



訴求力が弱い百貨店への卸売業から撤退し

直営小売店販路に軸足を移している。



2015年には

靴のスチュワートワイツマン(買収額は非公開)

今年夏にはケイト・スペードを24億ドル(約2700億円)

で買収し、傘下に入れた。



引用:日本経済新聞


高級で手が出ないブランド過ぎないが

安すぎるというワケでもなく…





そんな感じのCOACHでしたが、

近年はその価格帯での競争が激化し

売上に陰りがあったと言われています。





社名変更は生き残りの為の

変革というトコロなのでしょう。

ダサいとの声も

ただ、今回の変更に関して

ネット上ではダサいとの意見が多数。





あまりに多すぎて

「ダサいと言われている」のが

ニュースになった程でした。


調べてみたところ

日本よりも

海外での反発の声が

より強かった感じですね。







ちなみに

ブランド名はCOACHそのままで

会社名がtapestryになります。





なのでブランドとしては

COACHでそのまま使われると

言う亊。





あ~なるほど

そういう亊か。とちょっと安心しました。





愛用してるとかじゃないけど

COACHって名前そのものが消えたら

さすがに寂しいですからね~

社名変更で今後どうなる?

今回の

各ブランドの社名統一で



今後tapestryは

百貨店での販売はより縮小させて

直営小売店での販売戦略を強化する

方針との亊。





高級バッグ、靴、洋服、アクセサリーなど

独自のお店で販売していく、

まさに高級ブランド展開という感じです。







COACHって

失礼ですが何となく、

高級だけど若干安めな





中の上…的なイメージな様に感じます。




安いお店には無いけど

高級百貨店では買わない

他のもっと高いのが気になる…というか。







それを今後はtapestryとして

また違うブランドイメージに

していくのでしょう。





これまで根付いてしまった

COACHという言葉のイメージを

変える為だと考えれば

tapestryにすることは意味もあるし

今後の変化や成長にも期待出来るかもですね。


ま~

私の様な一般人には



COACHが全然手が出せない様な

高級ブランド品になっちゃったら

それはそれで切ないですが。苦笑

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

コーチ(COACH)の

タペストリー(tapestry)への

社名変更について書かせて頂きました。







何か変化がある時って

一瞬「え?」って戸惑いますけど



逆に言えば

そう思わせる位の変化こそが

大事なのかもと思いました。







タペストリーの様に

多種のブランドが組み合わさって

新しく生まれ変わるであろう

今後のCOACH(tapestry)に注目です。







ではでは

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



あでゅ~