ピエールでーす★





アウトデラックスに出演して

世間の話題をかっさらった

矢幡洋(やはた よう)さん





いや~

一言で言うと、

凄かったです。 うん、

凄いとしか言い様がないw





もうルックスもキャラクターも

奇抜すぎで…



ちょっとどんな方か

書かせて頂きたいと思いました。

Sponsored Links
Sponsored Links

矢幡洋さんとは





矢幡さんは

臨床心理士であり

ライターかつコメンテーター。





京都大学文学部を卒業しており

現在は東京大学大学院

情報学環学際情報学府に在学。





1958年(昭和33年)1月3日生まれ

もうすぐ還暦を迎えられます。





コメンテーターとしてだけでなく

アウトデラックスの様な

バラエティにも出演。



心理に関する本などを

これまでに合計41冊も出版されています。





…と、

こうした経歴を見ると

結構凄い方の様に思うのですが





(残念ながら)

番組で紹介された矢幡さんの生活は

学者さんの成功されたイメージの

生活とは
全く違うモノでした。。

本が売れず貧乏?

矢幡さんは

41冊も本を出しているにも関わらず

全く貯金が無いという貧乏生活。





といのも

全然本が売れないということなんですよね~



私もAmazonで見て確認してみたのですが

評価も酷評が多く、あまりうけていない様子。





ご自身のキャラクターも凄いので

そういうのも本に出ちゃってるのでしょうか。





本を売る為に

大学院の博士号を取得されたいと話されていて



取得出来れば

本の単価を4,000~5,000円

あげられるからなんだそうですよ。





う~ん、

単価を上げるよりも

今現在の本をよくする方が

いい気もしますけどねえw







ただ、矢幡さんは

現在本当にお金が無い様子で

かなりの節約生活を送られていました。





例えば…





靴下は2足を使いまわしていて

両方とも穴があいたボロボロ状態



スーパーで値引きされた惣菜を

袋に入れず外着のポケットにつめて持って帰る



支払通知が届いても

督促状が来るまでは放置w





…などなど。



いやどこのボン●ーガールだよw





ちなみに

番組でこれらを見た

アウトデラックス出演の

女性タレントさん達の顔、



眉間にシワがよってて

イヤ~なものを見るかの感が凄かったです。





やれやれ…と、思ったら

テレビに映った私の顔も

同じ様な表情になってて

ちょっと反省w





まあでも

人間、生理には抗えませんよね!

(反省しろや)





にしても

本当に臨床心理士さんとは思えんな…

ダンスも衝撃的過ぎた

そしてもうひとつ、

矢幡さんはコンテンポラリーダンス

というのをされています。





コンテンポラリーダンスとは、

コンテンポラリー・ダンス

1980年代から広く使われるようになった語。



字義的には現代の舞踊すべてを指すが一般には

バレエ、フラメンコ、ジャズダンスといった

既成のジャンルに属さないものを指す。



そこにはモダン・ダンス、バレエ、舞踏など、

様々なジャンルの影響が入り交じっている。



引用元:コトバンク


というモノなんですが、

矢幡さん的には自由な表現の

ダンスと捉えられている様子でした。



矢幡さんの動きは

太極拳のそれでしか無かったていうね…w

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

矢幡洋さんについて

書かせて頂きました。



衝撃的な方だったので

今後の彼が気になりすぎますね。



とか言って

物凄い年上の還暦な方なワケですが…w





ま~とは言え

天才と何とかは紙一重と言いますし



矢幡さんも紙一重な感じに

今後天才的な何かをしてくれるかもなので

期待したいと思います。





ではでは、

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。



あでゅ~♪