ピエールでーす!\(^o^)/


いきなりですが、
音楽って本当に素敵ですよね~♪

たとえ言葉は分からなくても
音楽があれば世界は分かり合えるっ…て
あれ、本当だと思います。


そしてそれを体現されている方が
こちらの歌姫・ビバリー!!


あのアリアナ・グランデの来日公演の
前座も務めた世界が認めるアーティストです☆

お正月の特番でピコ太郎さんに紹介されたり
小栗旬さん主演のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌を担当したりと

どんどん活躍の場をひろげている
今ノリに乗っている歌姫。


そんな話題のビバリーさんですが
どんな方なのでしょう??

気になったので
ちょっと調べてまとめてみました(^^ゞ

同じ様に気になっている方の
何かの参考になれば幸いです☆

Sponsored Links
Sponsored Links


プロフィール

名 前 :ビバリー
本 名 :Beverly Caimen(ビバリー カイメン)
出 身 :フィリピン
生年月日:1994年6月20日
身 長 :153cm
体 重 :非公表
言 語 :日本語・英語・タガログ語※
事務所 :avex trax
SNS  :Twitter Instagram Facebook


タガログ語はフィリピンの首都マニラ等で
使用されている公用語のひとつです。

また、日本でのデビュー前から
母国ではビバリーカイメンで歌われていたので
お名前は本名と思われます。


ビバリーさんは
日本の南の台湾から更に南にある
フィリピンのラグナ州カランバ出身

ちなみに出身大学は
そのラグナ州の隣、パダンガス州という所の大学で
心理学部を専攻されていたそうです。



その後2016年に日本に移住
日本で本格的に歌手活動を始めたビバリーさん。

2017年には
デビューアルバム「AWESOME」をリリース、
ライブだけでなくTV番組にも出演したりと
活躍の幅を拡げられています。



子供の頃は歌うことが大好きだったものの
シャイで人前で歌う亊は苦手だったというビバリーさん。

9歳の頃から
お母様にボイスレッスンに通わせて貰い
初めて人前で歌ったのは13歳の時だそうです。


それから
高校に通いつつレッスンに励み
大学生からは本格的にコンテストに参加。

地元のフィリピンで
多数のオーディションを受けて自身を磨き、

初渡航のアメリカでのオーディションで
最優秀賞を受賞。その才能を世に見せつけました。

2013年7月
「World Championships of Performing Arts」にてボーカリスト・パフォーマンス最優秀賞を受賞。
2014年2月
「National Commission for Culture and the Arts」にて”Harvest of Honors”賞を受賞。
2014年9月
「A Song of Praise Music Festival Year 3」にて最優秀演出賞を受賞。

引用元:Wikipedia

そして日本デビューが決まり
来日してすぐ日本でも見つかることに♪

最初は日本語があまり喋れなかったそうですが
ビバリーさんは子供の頃から日本のアニメなど好きで
デビュー前から日本語の歌も魅力的に歌われてます。
(48秒の動画)

ビバリーさんは
まさに才能×努力
結果を出されてる、凄い方なんです!(^^)

魅惑のハイトーンボイス!

ビバリーさんの歌唱動画
avexさんの公式Youtubeからいくつか
ピックアップしたので是非ご覧ください♪


途中までとは言え
この歌声がいつでも聴けるネット環境に
ちょっと感謝しちゃいますw
(生はもっとスゴイんでしょうけど^^;)


にしても、
ホント1秒で惹き込まれちゃう声ですよね~
こんな声出せたら気持ちいいだろうなあ…

Sponsored Links
Sponsored Links


まとめ

ハイトーンボイスの歌姫
ビバリーさんについて書かせて頂きました(*^^*)

小栗旬さんやピコ太郎さんなど
本物が発掘し世に出た本物の歌姫アーティスト

歌声だけで勝負していける方って少ないですし
これからの彼女の活躍には要注目&期待しまくり、
ですね!☆

おまけ

最後にもうひとつ!
ビバリーさんが敬愛する
MISIAさんのEverythingのCOVERをどうぞ♪

もう本当に透き通った高音を…
ありがとうございますw

ラストにかけての盛り上がりもスゴイ(*˘︶˘*).。…
(6:48の動画です)

最後までご覧頂きありがとうございました!
m(_ _)m